チャイム

小次郎がほんの小さな物音とか人の声とかに反応するのを蘭さんが見て自分も番犬できるんじゃないか!?って思うらしく、てか自分が偉いと思ってるみたいでチャイムなんて鳴った日にゃあそりゃこのふたりがドアまで突っ走ってしまうわけさ
     20141129165808570.jpeg

「ココを守るのわボクに任せてよっ!ノビわ下がっててっ!」
     20141129165808380.jpeg

いや、守ってくれるのわいいけど吠えるのわやめてね
     20141129165808887.jpeg

「えー、ボクつよいのにーぃ」
あんた小ちゃこいからすぐやられちゃうって!
07:46 | Sanokojiis | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑